退職

2007年に、新卒でNECグループのSIer会社に入社した。
会社を決定した最終理由は、面接を受けた中で一番アットホームでのんびりとした雰囲気だったから。学生ベンチャーで起業した後、その会社を辞めた理由が社内人間関係のこじれだったので、人間関係を重視した選択をしました。

入社し、3年間は技術開発事業部で、先行技術調査と社内展開という研究ミッションと、社内支援ミッションの2つを軸にした役割で働きました。この時に、SQL Serverへの造詣を深め、DB周りの設計レビュー、障害対応、性能チューニングを担当しました。

次の2年間は、第一システム事業部で官庁系向けのパッケージソフトを取り扱う部門で、財務パッケージの要件定義、基本設計に半年、残り一年半は大規模ユーザに導入したシステムの基盤運用保守を担当。SQL Server、IIS、Windowsなどのマイクロソフト系製品の保守と、お客様調整、パートナー会社さんの管理を担当しました。

部長からの指導が、今後のキャリアを考える契機となりました。
SIを生業としている会社で、パートナーを活用して数多くのPJを回すことで利ザヤを稼ぐ事業モデルである以上、プロパーの社員はパートナー管理能力を磨くことが重要で、各PJに入ってしまうと利益が圧縮されてしまう。プロパーなのだから、テクニカルよりもパートナー管理能力を磨けっという指導をいただいた。
自分のキャリアを考えるに当たり、会社の看板が無いと成立しない能力を磨くことは、モチベーションの維持がしにくく、会社の将来不安もあり、従うことができない指導っと判断しました。

アットホームで人間関係が比較的良い会社を離れることには抵抗がありましたが、より自分の技術力に磨きをかけるべく、自社でサービス提供をしており、自製をしている会社に努めるべく退職いたしました。