Windows Server 2008 x64 でのログオンスクリプト

Windows Server 32ビット版OSでは、C:\windows\system32の直下にusrlogn2.cmdを配置すれば、ログオン時に動作するログオンスクリプトを設定できた。

しかい、Windows Server 2008 x64(64ビット版)で、いくら配置してもうんともすんとも言わず、すっごくはまった。

結論は、C:\Windows\SysWOW64直下にusrlogn2.cmdを配置してあげないといけないらしい。

どこにもそんな情報が見当たらず、無駄な時間を消費した。

ADドメイン配下の情報ばかりで、Work Groupでの有意な情報が見つけられず残念だった。

ちなみに配置場所が違うのだから、ログオンスクリプトが動かないし、エラーも記録されないので原因特定するのにすごく苦労した。

まさか、こんなところで64ビットの洗礼を受けることになるとは夢にも思わなかった。