P.S. アイラブユー

20081028220755

映画「P.S. アイラブユー」を見てきた。

本当は、「おくりびと」を見に行くつもりだった。実際、見に行ったんだけど、5分遅くて間に合わなかった。帰宅時にうっかりと一駅乗り過ごさなかったら余裕で間に合ったんだけど、残念。週末の3連休のどこかで見に行こうと思う。折角、映画館に行ったのだからと上演リストを眺めたら10分後に始まる映画があったので、見た。

感想・・・・うーん・・・・・・。

「追伸 僕は永遠に君を愛してるよ」

なんて台詞、自分には言えないなぁと思った。って、そんなことじゃなくて、もう本当良かった。良かった良かった。なんだろう「P.S. アイラブユー」で全ての感想になっていると思う。

さて、ここから先は書こうか書くまいか悩んだ。一番、無難なのは書かないことなんだろうけど・・・。まぁ気にしないで受け流してね。

いろいろ世の中、複雑で、映画の中で描かれてるほど、単純じゃないかもしれない。でも、そーいう考え方、とらえ方もあるんだと考える契機にはなると思うから、ぜひ見に行って欲しい。これを見て、どう捉えるかは人それぞれだけど、考えるきっかけにはなると思う。

人事だから簡単に言えちゃう面もあるのかもしれないけど、もう十分すぎるほど時間が過ぎたんだから、そろそろ前を見て歩き出しても良い時期なんじゃない?贖罪、感傷、どんな思いなのか知るよしも無いけど、人間なんだもの過ちもあるよ。逆に過ちを起こさないのは、何も挑戦して無くて逃げてるだけなんだと思う。

過ちを起こしても、次に生かせばいいじゃないの?生きてる限り何度でも、やり直せるんだよ。人生まだまだ先は長いんだから、いつまでもくよくよしてないで、前を見ようよ。持ち前の明るさと、何も考えていない底なしの笑顔で笑っていこうよ。

見て見ぬ振りをしてたけど、やっぱり友達だったら見て見ぬふりしないで後押ししてあげるべきだと思った。言って終わる友情なら最初から友情なんて無かったのだろうと割り切ろうと思う。これからも本当に良い友達でいたいから、知らない振りでいることができないから書いてみた。

でも、自分で読み返してもうざいなぁ・・・・。これは友情も終わるかな(>_<)

うん?これ自分自信に向けて書いてるんじゃないかって?そう思った人は勘がするどいのかもね~♪。。。タタタッ。ヘ(;・・)ノ

てなわけで映画に行こう♪