「シャングリラ・ダイエット出版記念セミナー」に参加

shangurira.jpg
シャングリラ・ダイエット出版記念セミナーをやってきた | IDEA*IDEA」で紹介されているセミナーに参加してきました。
アメリカで大ヒットしたダイエット本の日本語版を百式の田口さんが出版社を説得し、監訳した本です。
田口さんが日本語版を出そうと思った理由の中で

  1. シャングリラという名前が格好良い
  2. アメリカではブロガーに実際体験してもらった感想を書いてもらうというマーケティング手法が成功
  3. ストレスフリーなのが気に入った
  4. 手法じゃなくて理論なのが良い
  5. 自分でやって効果があった

が記憶に残りました。

他のダイエットとの違い

今までのダイエットは、「○○を減らす」「○○を我慢する」と言った忍耐力が強く求められるものでした。
最初の数ヶ月は確かに効果があっても我慢の限界が来ると反動でリバウンドしてしまったり、そもそも面倒で始めることすら出来ないものが多かったように思います。
シャングリラ・ダイエットは、ある食べ物を食べるダイエットなのです。
こう言うと、俺を騙して何か高価だけど眉唾な物を買わせようとしてるなっと警戒するかもしれませんがご安心ください。
ここで勧められている物は、大抵のスーパー、コンビニで売っている日常品です。
それを食べることでやせられるのです。

なぜシャングリラはやせられる

次に感じることは、「そんな日常品でやせられるはずが無い信じられない」だと思います。
道具があっても正しい使い方を知らないからやせられていないのです。
シャングリラで、まず最初に減らすのは食欲なのです。
そして食欲を減らすのに使用されるのが、ある食品を食べることなのです。
シャングリラは、ある食品を食べることで食欲を減らし、自然に食べる量が減って体重が減るダイエットなのです。

何故、食欲が減る

シャングリラでは、セットポイントという考え方を導入しています。
セットポイントは、脳みそが無意識のうちに考える今の自分がなるべき体重です。
脳みそがなりたいと思っている体重よりも今の体重が重ければ、あまり食欲がわかないし、今の体重が軽ければ食欲が強くなります。
そして、セットポイントは過去数ヶ月に食べた食品の平均値で決まります。
そして、大抵の食品はセットポイントを押し上げる働きを持っていて、ごくわずかな食品だけが下げることが出来るのです。それを食べるのがシャングリラ・ダイエットです。

まとめ

シャングリラ・ダイエットはある食品を食べることで徐々にセットポイントを減らし、その結果として自然に食欲が減り以前と同じ量が食べられなくなる。その結果、体重がやせるダイエット。
ただし、ある食品をあるルールに基づいて摂取する必要がありそのルールがセットポイントともにシャングリラ・ダイエットの根幹にあたるものです。
そのルールについては・・・・・まぁ本でわかりやすく紹介されています。

シャングリラ・ダイエット
セス・ロバーツ
フォレスト出版
売り上げランキング: 785
ちなみに・・・

自分はイベントでPR用の冊子を頂いて読んでいます。
語りかけるような文体で書かれてあって読みやすくなっていて、普段本を読まない人でも大丈夫だと思います。
Image150.jpg