『近未来テレビ会議 sponsored by SONY』に参加

百式さんの IDEA*IDEAで募集していた『近未来テレビ会議 sponsored by SONY』に、参加してきました。
仕事が終わった後の19時半から品川にあるsonyの本社ビルで行われました。
sonyの本社ビルは品川駅から近い場所にあり、通行した範囲ではオフィスよりもショールームに近い内部構造でした。
sonyでbraviaの開発者を行っている人がプレゼンをしてくれました。

sonyが考えるテレビは『「大画面・高品質・高品位」+α』
従来は放送受像機だったっが、これからは新しいテレビの時代「みんなのテレビ」がやってくる。
みんなのテレビとはアプリの実行環境を持ったテレビ、テレビ+ガジェット。
braviaでは、すでに「アプリキャスト」という名称で搭載されていてる

アプリキャスト

sony 042.JPG
アプリキャストとは、テレビの右端に表示されているアプリケーション群のことらしい。
JavaScriptで作成されて、それをテレビ上で実行出来るようにしたもの。
うえの写真で写っている九九はsony社内コンテストで開発された物らしい。
他にも、「遠い場所に住んでるおじいちゃんにデジカメで撮った孫の写真をどうやって見せるか」という問題に対して「写真サイトにアップし、おじいちゃんはテレビで見る」というソリューションが考えられると言っていた。
WindowsVistaのサイドバーガジェットをテレビでやっちゃいましょう!と言う発想。
将来的には、開発ツールが提供されユーザが自由に作成できるようになるらしいのだが、若干敷居が高いと思った。
一つのアプリケーションでは300kb程度のメモリしか使用できないのでメモリとの戦いになるのだとか。
ウェブアプリというよりは、組み込みソフトに近いイメージのようです。

今後の展望

テレビの中にアプリケーションの実行環境は準備され、sonyの開発者は意気揚々と実装している。
でも、一般人には実装しにくい。
じゃ、アイディアが思い浮かんだらどうするか・・・。
ブログや掲示板に書けばいいらしい。
sonyの人も個人的に市場調査の一環で見てるらしいので、「アプリキャスト」「テレビ」「bravia」などの単語と共に、テレビの右側に出て欲しい機能を書けば良いようだ。
例えば、「キッチンタイマーが出て欲しい」「近所のスーパーの特売の時間になったらアラームが・・・」など要望を書くとsonyの人から連絡が来るかもしれませんよ♪

イベントの様子

『近未来テレビ会議』で「みんなのテレビ」について考えた | IDEA*IDEA
メディア・ビジネス勉強会:近未来テレビ会議 へ参加
近未来テレビ会議で私がTVメーカーに絶望した理由 – ごんざれふ
【100shiki】近未来テレビ会議@Sonyに参加しました – エアロプレイン-