幸せを呼ぶ10ヶ条

『<書くだけで夢がかなう魔法の手帖術』佐藤富雄・著
この本に書かれてある10箇条が、あまりにも素敵だったので抜粋。

  1. いつもいいことを口にする
  2. 悪口、陰口は言わない
  3. どんなときも笑顔を忘れない
  4. 自分から先に挨拶する
  5. 相手の話に最後まで耳を傾ける
  6. 自分と他人を比べようとしない
  7. 相手の短所ではなく、長所を見るようにする
  8. 何が起きても「これで良かった!」
  9. たくさん鏡を見て自分を好きになる
  10. 「すみません」より「ありがとう」

これを実践している1年後を想像してみました。
すごく前向きな思考をしていそうです。そして、周囲に幸せを振りまいて良い影響を与えています。周囲の人も同じような態度で接してくれます。どんどん幸せの連鎖が広がっています。
と、いきなり何をいいだしているのか。
これはタイムマシンといわれる手法で、未来の良くなっている姿を想像してどんどん書き出していくことで、自分の考える理想像を描き出します。そして、その理想像になるには具体的に何をやっていけばいいのかを考えていくことでアクションプランを作成すると良いようです。
これは、『ザ・ファシリテーター』に書かれている話の一つです。この本については、また後日感想を書くつもり。
とりあえず今日から1,4,7,10を実践していこうと思います。

3 comments

  1. りんご より:

    「すみません」よりも「ありがとう」が基本的ですね^^
    他の人が「すみません」って言ってるのを聞くと
    「ありがとうって笑顔で言えばいいのよ」って言いたくなります。
    きっとその方が笑顔になれた自分が楽しい気分になりますし、ありがとうを聞いた人も笑顔になれるんじゃないかなって。
    だぁに「りんごー、○○出しっぱなしだよ~」と注意されても、「あー、ごめん。言ってくれてありがとう~」ってのがあたし流のお返事。
    長くなっちゃった。よし、久しぶりのブログはユニさんのこのブログをトラックバックして続き書きます♪

  2. ありがとう

    ブログ見に来てくれてありがとう^^ 長いこと、止めちゃってごめんなさい。 1回止まっちゃうと「あー、あれを書いてからあれも書かなくちゃ」と、、で、おっ…

  3. 野良 より:

    コメントありがとうございます♪
    基本とさらりと言えちゃうりんご様は、やっぱりすごいと思います!
    自分はわかっていても、ついつい「すみません」と口にしてしまうので意識して「ありがとう」と言います。いつか自然に「ありがとう」と口から出るように成るために!

Comments are closed.